FreeHugs

日常のワンシーンとしてハグが浸透することで、互いの関係性が深まりより互いに豊かになっていく対話の可能性を提案するかたちで、FreeHugsを始めました。2013年に学生の有志団体と発足し、過去3回HAPPY DAY TOKYOにも参加させていただいています。2013年から2015年までは主に大学内で活動をしており、定期的に学内でボードを手に立つことで多くの学生や教職員の方にもハグのある時間を体感していただくことができました。

私たちとするハグの時間が、今度は体感していただいた人から周りの方とするハグに繋がっていくことを常に目指しています。
幸せな時間を繋げて、さらに幸せな輪が広がっていきます。そんな幸せをシェアする時間を、ご一緒しませんか?

 

<幸せのメッセージ>
幸せというと、どこか抽象的で感覚的なものだと捉えられることがありますが、実際に幸せだと感じる瞬間を解き明かしてみると科学的でもあると言えます。例えば、親しい人と楽しい時間を過ごした時。その時脳内から、快感を得ることができるドーパミンや心身のバランスを保つセロトニン、そして心に落ち着きをもたらすオキシトシンが分泌されています。

幸せを感じる瞬間は、暮らしの中でごく自然に感じられる一瞬の出来事でもあります。そしてそれは直接的にも間接的にも、自分以外の人と共有した事柄の延長線上にあります。
そんな幸せの繋がりの実感や体感が、世界中から争いや憎しみ合いをなくすことができると考えています。