HAPPY DAY TOKYO 2018 出展のご案内

2012年に国連が定めた3月20日の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させたいという想いから、私たちは、2013年より、HAPPY DAY TOKYOを開催し、「もっと幸せを身近に」体感できるように、多様性を重視した場づくりを目指してまいりました。

2018年のテーマは「しあわせを話そう」。

日本は、物質的に豊かで、平和な環境で過ごすことができる、恵まれた国であるにもかかわらず、 世界の中での幸福度は様々な統計の中でも決して高くはありません(2017年世界幸福度ランキングでは155か国中51位)。

経済的には豊かな国である一方で、じぶんやまわりの人たちの幸せについて考えたり、話し合ったりする機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

幸せのカタチは、ひとによってさまざまですが、いろんなカタチの幸せをシェアすることで、あらためて、幸せについて気づくきっかけを増やしてまいります。

HAPPY DAY TOKYO 2018では、コンサート、イベント、アート、食などさまざまなコンテンツを通じて、出展者やアーティスト、そして来場者が一緒になっていろんな幸せのカタチを体験し、対話や交流をすることで、たくさんの幸せをつなげていきたいと考えます。

開催日時
2018年3月18日(日)10:00〜16:00

開催場所
都立芝公園(4号地広場)
〒105-0011 港区芝公園3丁目2

主催
HAPPY DAY PROJECT実行委員会

後援 
港区

入場料
無料

運営
HAPPY DAY PROJECT実行委員会
ホームページ:http://happyday-project.org/
Facebook:http://www.facebook.com/happydayproject/

下記の出展募集要項をご確認のうえ、こちらの申し込みフォームよりお申込ください。

申し込みフォーム

申込締切日:2018年1月31日(水)

会場使用計画(案)
下記、都立芝公園の4号地広場の使用を予定しております。
※都立芝公園は、いくつか分散していますが、都営三田線・御成門駅近くの、みなと図書館があるエリアが「4号地広場」です。

出展募集要項
HAPPY DAY TOKYO 2018への参加は、誰かの幸せにつながる活動や社会問題を解決するために活動をしている団体の紹介や、被災地や途上国などの商品の販売や食の提供を通して、社会貢献につながる出展が前提となります。また幼児から高齢者まで、健常者、障がい者を問わず、誰もが楽しめるバリアフリーなイベントを目指します。

活動目的や実績等を確認した上で参加の可否を決定いたします。

出展形態は「ブース出展(企業)」「ブース出展(NPO等)」「物販」「イベント出展」の4パターンとなります。

出展料金(消費税込み)

出展種類 出展形態 テント1/2張 テント1張
ブース出展 企業CSR出展* 50,000円〜
ブース出展 NPO等活動展示 10,000円 15,000円
物販 販売を伴う出展 15,000円 22,500円
イベント出展 広場内イベント スペース利用は無料。実費はご負担ください

※協賛金額に応じて各種印刷物や公式サイトへの企業名掲載をいたします
テント20張(25~30店)程度を予定。

テント基本仕様
テント1/2張 :間口1.8m×奥行2.7m(1間×1.5間)
テント1張  :間口3.6m×奥行2.7m(2間×1.5間)

基本仕様に含まれる内容
・パイプテント1/2張または1張
・三方幕(仕切幕無し) 1枚
・テーブル1台
<1/2張用>W1.5×D0.45×H0.7m <1張用>W1.8×D0.5×H0.7m
・パイプ椅子2脚

※上記に含まれない追加の備品等は有料でレンタルいたします。
下記備品等をご案内予定です(金額は前回のもの。多少変動可能性あり)。
・テーブル(W1.8×D0.75/W1.5×D0.45m) 2,500円/台
・パイプ椅子 500円/脚
・パネルスタンド(W0.9×H1.8m) 5,500円/台
・電源(100V/50Hz、コンセント1か所・2口) 9,000円

その他イベント申込みについて
ダンス、ヨガなど様々なイベントを公園のオープンスペースで開催する予定です。人をハッピーにするイベントや企画がある方は、ホームページの「お問い合わせフォーム」にてご相談ください。

出展申し込み方法
こちらの申し込みフォームよりお申込ください。事前にご相談がある場合はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

申し込みフォーム

申込期限
2018年1月31日(水)

出展者の決定方法
申し込み締切後、主催者が出展内容の審査を行った上、出展者を決定いたします。

出展者説明会
2018年2月17日(土)13:00〜15:00
場所 都内会議室
出展が決定となった方はご参加いただきますようようお願いいたします(ご都合が悪い場合も代理の方にご依頼するなどご調整願います)
追加備品等のお申込書はこちらでお渡しいたします。

追加備品等、申込み締切
2018年2月23日(金)

出展料金、追加備品費用支払期限
2018年3月2日(金)
振込手数料はご負担願います。

テント位置発表
2月下旬頃を予定しています。

搬入、搬出
搬入・設営:2018年3月18日(日) 8:30~10:30
撤去:2018年3月18日(日)16:30~18:30

団体名表記について
ウェブサイト、パンフレット掲載の団体名については、出展申込時にご記載いただいたものを使用させていただきます。

その他
地震・火災等の天変地異あるいは不可抗力によりイベント開催が不可能となった場合、事務局の判断によって会期を変更、もしくは開催を中止することがあります。事務局は、これによって生ずる損害、費用の増加、その他出展者に生じた不利益な事態については責任を問わないものとします。

HAPPY DAY TOKYO 2018開催のお知らせ

注目

2012年に国連が定めた3月20日の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させたいという想いから、私たちは、2013年より、HAPPY DAY TOKYOを開催し、「もっと幸せを身近に」体感できるように、多様性を重視した場づくりを目指してまいりました。2018年は6回目の開催となります。

2018年のテーマは「しあわせを話そう」。

日本は、物質的に豊かで、平和な環境で過ごすことができる、恵まれた国であるにもかかわらず、 世界の中での幸福度は様々な統計の中でも決して高くはありません(2017年世界幸福度ランキングでは155か国中51位)。

経済的には豊かな国である一方で、じぶんやまわりの人たちの幸せについて考えたり、話し合ったりする機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

幸せのカタチは、ひとによってさまざまですが、いろんなカタチの幸せをシェアすることで、あらためて、幸せについて気づくきっかけを増やしてまいります。

HAPPY DAY TOKYO 2018では、コンサート、イベント、アート、食などさまざまなコンテンツを通じて、出展者やアーティスト、そして来場者が一緒になっていろんな幸せのカタチを体験し、対話や交流をすることで、たくさんの幸せをつなげていきたいと考えます。

出展要項などの詳細は、近日発表させていただきます。

今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

HAPPY DAY PROJECT一同

日時 2018年3月18日(日) 10:00~16:00
場所 都立芝公園(4号地広場)
〒105-0011 港区芝公園3丁目-2
都営三田線 御成門駅 A1出口より徒歩1分
入場料 無料
主催 HAPPY DAY PROJECT 実行委員会
後援 港区

幸福学シンポジウム ハッピーコネクション~幸せを話そう~


2012年、国際連合が、3月20日を「International Day of Happiness(国際幸福デー)」と制定し、海外では生活の豊かさや「幸せ」に関する研究が活発に行われておりますが、最近は日本でも「幸福学」や「GNH(国民総幸福量)」といった言葉が、多くのメディアでもとりあげられており、また東日本大震災以降、「お金よりも大切なもの」への意識が高まってきています。

来年3/18(日)には、第2回shiawase2.0シンポジウム、HAPPY DAY TOKYO 2018が開催されるなど、幸せについての社会的な活動もはじまっています。

「幸せとは何であるのか」

さまざまなゲストによるトークとディスカッション、shiawase2.0シンポジウム&ハッピーデーのメンバーによるトークセッションなどを通じて、あらためて「幸せ」というテーマについて考えます。

交流会では、HAPPY X’mas PARTYを行います。

【日時】
2017年12月4日(月) 開場:18:30 開演:19:00〜21:30

【場所】
ヤフージャパン『LODGE』17F

【プログラム案】
1、オープニング
2、スペシャルトーク
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
佐竹 右行氏(グラミンユーグレナCO-CEO)
3、Shiawase2.0シンポジウム、ハッピーデーのゲスト等によるトークセッション
4、HAPPY X’mas PARTY
5、全員で記念撮影

【定 員】
80名
【参加費】
¥3,000円

【申し込み】
※会場の定員に達したため、受付を終了しました。
多数の申し込み、ありがとうございました。

【プログラム案】(予定)

【スペシャルトーク】
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
佐竹 右行氏(グラミンユーグレナCO-CEO)

【shiawase2.0シンポジウム、ハッピーデーのゲスト等によるトークセッション】
荻野淳也氏(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事)
宍戸幹夫氏(鎌倉マインドフルネス・ラボ株式会社代表取締役、 ZEN2.0共同発起人)
山田 博氏(株式会社森へ代表取締役。株式会社ウエイクアップ チーフケアテイカー)
中谷 奈津子氏(紙芝居師なっちゃん)
ソウダルア氏(出張料理人。瀬戸内国際芸術祭2016女木島レストランイアラシェフ)
塩田 基氏(HAPPY DAY PROJECT代表理事、公益財団法人福武財団経営企画部長)ほか

【交流会】
HAPPY X’mas PARTY
ネットワーキング、クリスマスソング、etc
全員で記念撮影など

※当日は、お名刺を1枚お持ち下さい。
※プログラムならびにゲストは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【shiawase2.0シンポジウム】
http://shiawase2point0.jpn.org/
shiawase2.0とは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科を中心として集まった有志で、2017年3月20日に、はじめて開催したシアワセの新しい形を考えるシンポジウム。

「国際幸福デー」に、幸福学、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチング、幸せな経営など、「幸せ」に関する様々な活動を行う約30人の専門家と1500人者の参加者が一堂に会し、みんなで幸せな社会のデザインについて、30ものの対話プログラムとワークショップを通じて考えた場です。

本シンポジウムは、幸せをみんなでシェアすることを目的にしており、すべてボランティアベースでの開催です。

その第2回目を、2018年3月18日に開催いたします。

【HAPPY DAY TOKYO】
http://happyday-project.org/
2012年に国連が定めた3月20日の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させたいという想いから、2013年より、HAPPY DAY TOKYOを開催しています。6回目の開催となる2018年のテーマは「幸せを話そう」です。

HAPPY DAY TOKYOは、コンサート、アクティビティ、展示ブース、食などのさまざまなコンテンツによって、幸せを体験するイベントです。ダンス・体操など大人から子供までが楽しめる、身体を使ったアクティビティをとおして、楽しさや喜びを共有したり、復興支援、途上国支援などのほかの人の幸福を支援する活動を知ってもらうことで、自分だけではなく他者の幸せについても考えるきっかけをつくります。

【主催・共催】
HAPPY DAY PROJECT実行委員会、Shiawase2.0シンポジウム

ご参加の御礼およびアンケート回答のお願い

今年も晴天に恵まれ、多くの方にお越しいただいたHAPPY DAY TOKYO 2017、今年も無事に終えることができました。

ご協力いただいた方々、来場していただいた方々、至らぬところばかりだったかと思いますが、心より御礼申し上げます。

イベントに足をお運びいただいた方は、出展者、来場者を問わず、今後の運営の参考にさせていただきたいと思いますので、こちらのアンケートにご回答いただけますでしょうか(回答時間は2〜3分で終わります)

アンケートフォーム(google)

※アンケート回答期限 3/26(日)

HAPPY DAY TOKYO 2017 開催概要

~てをつなごう~

2012年に国連が定めた3月20日の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させたいという想いから、2013年より【HAPPY DAY TOKYO】を日比谷公園にて開催しています。5回目の開催となる2017年のテーマは「~てをつなごう~」です。

HAPPY DAY TOKYOは、コンサート、アクティビティ、展示、飲食ブースなどのさまざまなコンテンツによって、幸せを体験するイベントです。ダンス・体操など大人から子供までが楽しめる、身体を使ったアクティビティをとおして、楽しさや喜びを共有したり、復興支援、途上国支援などのほかの人の幸福を支援する活動を知ってもらうことで、自分だけではなく他者の幸せについても考えるきっかけをつくります。

日時 2017年3月20日(月・祝) 10:00~16:30
場所 日比谷公園(噴水広場・小音楽堂)
〒100‐0012 東京都千代田区日比谷公園1‐6
入場料 無料
主催 HAPPY DAY PROJECT 実行委員会
後援 千代田区
協賛 (株)ベネッセホールディングス、ホッピービバレッジ(株)、(株)トプコン、(株)ユーグレナ、コモンズ投信(株)、マース ジャパンリミテッド

会場アクセス

日比谷公園噴水広場(マーカーH)
地図クリックでGoogle Mapを表示

【日比谷公園へのアクセス】
地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」(M15・C08)
地下鉄日比谷線「日比谷」(H07)下車 徒歩2分
JR「有楽町」下車 徒歩8分
駐車場(地下公共駐車場、有料)

第1回shiawase2.0シンポジウム

第1回shiawase2.0 シンポジウム
−シアワセな世界を創ろう−

日 時: 2017年3月20日(月・祝)9:30〜18:00
参加費: 無料
場 所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎
主 催: 慶應義塾大学大学院 
     システムデザイン・マネジメント研究科

お申し込みはこちら。
https://shiawase0320.wixsite.com/happy

3月20日は国連が定めた国際幸福デー。幸せについて考える日です。

shiawase2.0とは、シアワセの新しい形を考えるシンポジウム。

「国際幸福デー」に、幸福学、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチング、幸せな経営など「幸せ」に関する様々な活動を行う人々が一堂に会し、みんなで幸せな社会のデザインについて考える場です。

本シンポジウムは、幸せをみんなでシェアすることを目的にしており、すべてボランティアベースでの開催です。

どなたでも無料で参加OK!

みんなで、幸せな未来を体験する1日。

そして、シアワセの新しい形を考える1日にしましょう!

ステージイベント

イベント名/出演者
10:00〜10:15 オープニング
10:15〜10:30 ふくしまからはじめよう。キビタン
10:30〜11:00 ヤマカワ タカヒロ
11:00〜11:30 Easy Irish 2-hand Dance
11:30〜12:00 ソルティPsalm(サーム)
12:00〜12:15 艶女(アデージョ)
12:15〜12:30 MERRY PROJECT
12:30〜12:45 ふくしまからはじめよう。キビタン
12:45〜13:15 200S
13:15〜13:45 The Searching Cranburys
13:45〜14:30 311「つながる日」プロジェクト By AERIAL(エアリアル)
14:30〜15:00 小澤 綾子
15:00〜15:30 エリィ-☆エリー
15:30〜15:45 グランドフィナーレ

 

ふれあいイベント

イベント広場 イベントブース
10:30 折り紙ミニ先生
みんなでおった折り紙を合体してみんなの夢を咲かすワークショップ
11:10 実験FBライブ「ハッピーデーTV」ngo ES supported by hpe(1/3回)
11:50 平面プロレス(1/2回目) 折り紙ミニ先生
12:40 「ハッピーデーTV」(2/3回)
13:10 平面プロレス(2/2回目) 折り紙ミニ先生
14:40 「ハッピーデーTV」(3/3回)
15:00 なっちゃんの紙芝居

 

その他
日比谷公園周辺 Happy Paddy’s Day Walk supported by モニラン
【午前 10:00〜11:00】
日比谷公園〜皇居周辺 モニラン会@皇居
【午後 13:00〜14:30】
噴水周辺 シャボン玉であそぼう〜こどもとな〜
噴水周辺 Free Hugs
会場全体 ハッピーレンジャー
噴水周辺 ハッピー神社

出展ブース

ふくしまから はじめよう。キビタン

ふくしまから はじめよう。キビタンは、未来へ羽ばたく福島県の復興シンボルキャラクターです。キビタキという福島県の鳥がモチーフになっています。キビタン体操をおこないます。
他、楽しいクイズもしくはキビタンダンスで、会場を盛り上げます

<応援メッセージ>
今日はみんなもハッピーに過ごしちゃおう!
たくさんの幸せが見つかりますように☆
当日は ボクもハッピーのお手伝いするね

続きを読む

ヤマカワタカヒロ

教育・学習支援事業のプロジェクトマネージャーとしての本業のかたわら、シンガーソングライターとしても精力的に活動中。「歌うHappy Reminder」として、聴いてくれた人の心に「幸せな瞬間」を呼び起こす歌をうたいます。

<ハッピーデーへの応援メッセージ>
HAPPY DAY TOKYO 5周年、おめでとうございます。幸せは「なるもの」ではなくて「感じるもの」だと思います。東京のど真ん中で、みんなで幸せを感じる瞬間を、楽しみにしています!

続きを読む

Easy Irish 2-hand Dance

“Happy Paddy’s Day Walk!”に続く、Irish Network Japanさんとのコラボ企画!

11:00~ステージ前にみなさん集まり、一緒に踊りましょう!

■Easy Irish 2-hand Dance
アイルランドの素朴で楽しい音楽に合わせて、みんなで手をつないで踊りましょう。子供から大人まで踊れる簡単な「ツーハンドダンス」に挑戦します。

続きを読む

Saltie(ソルティ)

南佳考とのデュエット曲を含むミニアルバム「ザ・サイン」でデビュー。
2012年、横山剣とのデュエット曲「僕のクリスマス」を含むフルアルバムをリリース。その後も自己のバンドやバッキングボーカリストとして活動。スティーヴィー・ワンダーのサマソニ来日時のクアイアー参加を始め、トータス松本、Meteis、MUNEHIRO、ジョンBチョッパー(ウルフルズ)、北原照久+テミヤン。など様々なアーティストのレコーディングやライブサポートにかかわってきた実力派ヴォーカリスト。アラサー以上の女子に圧倒的な共感を呼んでいる。2016年11月2日「僕のクリスマス」をあのつのだ☆ひろをゲストに迎え、ソルティfeat.つのだ☆ひろ名義でリリース。今回はソルティが30代後半、横山剣が50代、つのだ☆ひろが60代後半とおいうこともあり、世代を繋ぐシンガーとして、改めてその存在が多くの人に注目されている。

続きを読む

Psalm (サーム)

Hama, Kengo, Nozomからなるピアノコーラスグループ。早稲田大学アカペラサークル”Street Corner Symphony”出身のリーダーHamaを中心に2005年に結成。 3人の個性豊かなボーカルと美しいピアノの旋律が創りだす世界観は多くのファンを魅了している。2011年赤坂BLITZでのワンマンライブを成功させ、2013年には渋谷公会堂でのワンマンライブも成功。 ストリートシーンから始まった活動は現在全国規模に拡大し、メディア(TBS・CX)への出演や、 自身でプロデュースしたライブハウス「国分寺GiveHearts」での活動も話題になっている。当日のライヴでは、みなさんが知っている曲から最新リリース曲まで演奏いたします!

<ハッピーデーへの応援メッセージ>
僕らの歌が「しあわせ」を考えるきっかけになり、
そして、
聴いていて「しあわせ」を実感してもらえるよな演奏になれば嬉しいです!

続きを読む

艷女(アデージョ)

六本木にあるダンススタジオカシーノのインストラクター、小森礼子先生率いる女性オンリーのサルサチーム、ADEJOです。ハッピーデーへの参加は3回目になります。

サルサは音楽を通じて人と人が繋がるダンス。その楽しさを、見てくださる方々にも感じて頂き、一緒に楽しんでいきたいと思います。3人と少ない人数での参加ですが、応援よろしくお願いします。

続きを読む

200S(ツーハンドレッズ)

かつてハッピートルズとして、ハッピーデーを盛り上げていただいた200S(ツーハンドレッズ)さんが本来のバンド名に戻って、ハッピーデーに登場します!
数年前、あるイベントのために集まったおじさん4人の合計年齢がちょうど200歳だったことがバンド名の由来です。古き良きロックの名曲を演奏しています。

皆さんとHAPPYなひと時を楽しみたいと思っています。

<応援メッセージ>
毎年この日、幸福とは何かを考えるよい機会になっています。

続きを読む

The Searching Cranburys

メンバー全員がオーバーシクスティズ、すなわち還暦越えの正真正銘”おじさんバンド”。The Beatles、Stevie Wonderなど60年代から連なる大人のロックを、ボーカル・ハーモニーを生かしたアレンジでお届けします。昨年の10周年記念ライブを乗り越えて、豊かな人生経験を織り込んだ絶妙のトークもお楽しみに!

<メンバー>
Bert Cranbury(向井 久)Electric acoustic gut guitar, Vocal
Paulo Cranbury(米倉 誠一郎)Electric bass, Vocal
 一橋大学イノベーション研究センター教授、日本元気塾塾長、HAPPY DAY PROJECT実行委員長
Hohner Cranbury(宮本 恵介)Blues harp, recorder, Vocal
 高尾山学園教諭
Jonathan Cranbury(鈴木 博文)Electric acoustic guitar, Vocal
 クリエイティブ・プロデューサー、NPO法人アフリカゾウの涙理事

<応援メッセージ>
ハッピーデー実行委員長の米倉誠一郎教授がベーシストを務めるThe Searching Cranburysが、満を持してハッピーデーのステージに初登場! 明るい太陽のもとで楽しく盛り上がりましょう。

続きを読む

311「つながる日」プロジェクト By AERIAL(エアリアル)

3月11日を、 すべての人にとって意味のある日として
ずっとずっと残していこう。

あの震災で、「つながる」ことの大切さをみんなが気づきました。

人はつながり合うことで、つよくなれる。やさしくなれる。
だから 3月11日を「つながる日」に!

AERIAL(エアリアル)のステージでは、テーマソング「手をつなごう」に合わせて、 会場にいるみんなで手をつなぐ「ハンズ・ハンズ」イベントを行います。

311「つながる日」プロジェクト
http://tsunagaru-311.jp/

AERIAL(エアリアル)
2007年に結成。ボーカル&アコースティックギターの鎌田栄一、ドラムの垣本篤志の二人からなる。2007年の結成以来、人と人のきずなや繋がり、そしてそのぬくもりを唄い続け、地元で大きな人気を得てきた。
現在は東日本復興のため全国を回っている。

続きを読む