幸福学シンポジウム ハッピーコネクション~幸せを話そう~


2012年、国際連合が、3月20日を「International Day of Happiness(国際幸福デー)」と制定し、海外では生活の豊かさや「幸せ」に関する研究が活発に行われておりますが、最近は日本でも「幸福学」や「GNH(国民総幸福量)」といった言葉が、多くのメディアでもとりあげられており、また東日本大震災以降、「お金よりも大切なもの」への意識が高まってきています。

来年3/18(日)には、第2回shiawase2.0シンポジウム、HAPPY DAY TOKYO 2018が開催されるなど、幸せについての社会的な活動もはじまっています。

「幸せとは何であるのか」

さまざまなゲストによるトークとディスカッション、shiawase2.0シンポジウム&ハッピーデーのメンバーによるトークセッションなどを通じて、あらためて「幸せ」というテーマについて考えます。

交流会では、HAPPY X’mas PARTYを行います。

【日時】
2017年12月4日(月) 開場:18:30 開演:19:00〜21:30

【場所】
ヤフージャパン『LODGE』17F

【プログラム案】
1、オープニング
2、スペシャルトーク
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
佐竹 右行氏(グラミンユーグレナCO-CEO)
3、Shiawase2.0シンポジウム、ハッピーデーのゲスト等によるトークセッション
4、HAPPY X’mas PARTY
5、全員で記念撮影

【定 員】
80名
【参加費】
¥3,000円

【申し込み】
※会場の定員に達したため、受付を終了しました。
多数の申し込み、ありがとうございました。

【プログラム案】(予定)

【スペシャルトーク】
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
佐竹 右行氏(グラミンユーグレナCO-CEO)

【shiawase2.0シンポジウム、ハッピーデーのゲスト等によるトークセッション】
荻野淳也氏(一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事)
宍戸幹夫氏(鎌倉マインドフルネス・ラボ株式会社代表取締役、 ZEN2.0共同発起人)
山田 博氏(株式会社森へ代表取締役。株式会社ウエイクアップ チーフケアテイカー)
中谷 奈津子氏(紙芝居師なっちゃん)
ソウダルア氏(出張料理人。瀬戸内国際芸術祭2016女木島レストランイアラシェフ)
塩田 基氏(HAPPY DAY PROJECT代表理事、公益財団法人福武財団経営企画部長)ほか

【交流会】
HAPPY X’mas PARTY
ネットワーキング、クリスマスソング、etc
全員で記念撮影など

※当日は、お名刺を1枚お持ち下さい。
※プログラムならびにゲストは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【shiawase2.0シンポジウム】
http://shiawase2point0.jpn.org/
shiawase2.0とは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科を中心として集まった有志で、2017年3月20日に、はじめて開催したシアワセの新しい形を考えるシンポジウム。

「国際幸福デー」に、幸福学、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチング、幸せな経営など、「幸せ」に関する様々な活動を行う約30人の専門家と1500人者の参加者が一堂に会し、みんなで幸せな社会のデザインについて、30ものの対話プログラムとワークショップを通じて考えた場です。

本シンポジウムは、幸せをみんなでシェアすることを目的にしており、すべてボランティアベースでの開催です。

その第2回目を、2018年3月18日に開催いたします。

【HAPPY DAY TOKYO】
http://happyday-project.org/
2012年に国連が定めた3月20日の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させたいという想いから、2013年より、HAPPY DAY TOKYOを開催しています。6回目の開催となる2018年のテーマは「幸せを話そう」です。

HAPPY DAY TOKYOは、コンサート、アクティビティ、展示ブース、食などのさまざまなコンテンツによって、幸せを体験するイベントです。ダンス・体操など大人から子供までが楽しめる、身体を使ったアクティビティをとおして、楽しさや喜びを共有したり、復興支援、途上国支援などのほかの人の幸福を支援する活動を知ってもらうことで、自分だけではなく他者の幸せについても考えるきっかけをつくります。

【主催・共催】
HAPPY DAY PROJECT実行委員会、Shiawase2.0シンポジウム

ご参加の御礼およびアンケート回答のお願い

今年も晴天に恵まれ、多くの方にお越しいただいたHAPPY DAY TOKYO 2017、今年も無事に終えることができました。

ご協力いただいた方々、来場していただいた方々、至らぬところばかりだったかと思いますが、心より御礼申し上げます。

イベントに足をお運びいただいた方は、出展者、来場者を問わず、今後の運営の参考にさせていただきたいと思いますので、こちらのアンケートにご回答いただけますでしょうか(回答時間は2〜3分で終わります)

アンケートフォーム(google)

※アンケート回答期限 3/26(日)

第1回shiawase2.0シンポジウム

第1回shiawase2.0 シンポジウム
−シアワセな世界を創ろう−

日 時: 2017年3月20日(月・祝)9:30〜18:00
参加費: 無料
場 所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎
主 催: 慶應義塾大学大学院 
     システムデザイン・マネジメント研究科

お申し込みはこちら。
https://shiawase0320.wixsite.com/happy

3月20日は国連が定めた国際幸福デー。幸せについて考える日です。

shiawase2.0とは、シアワセの新しい形を考えるシンポジウム。

「国際幸福デー」に、幸福学、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチング、幸せな経営など「幸せ」に関する様々な活動を行う人々が一堂に会し、みんなで幸せな社会のデザインについて考える場です。

本シンポジウムは、幸せをみんなでシェアすることを目的にしており、すべてボランティアベースでの開催です。

どなたでも無料で参加OK!

みんなで、幸せな未来を体験する1日。

そして、シアワセの新しい形を考える1日にしましょう!

幸福学シンポジウム2017(2017/2/10開催)のご案内

「幸せとは何であるのか」

さまざまな分野における第一人者によるトークとディスカッション、そしてハッピーデーの参加アーティスト等による活動紹介を通じて、あらためて「幸せ」というテーマについて考えます。

【日時】2017年2月10日(金) 開場:18:30 開演:19:00

【場所】日比谷図書文化会館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
  東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
  都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
  東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
  JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

【定員】100名

【参加費】1,000円

【申込み】
Facebook内の本イベントの参加ボタンまたは事務局へのメールにてお申込み下さい。
https://www.facebook.com/events/1376362392429610/
事務局メール
event@happyday-project.org

【プログラム】(予定)

【第一部】 幸福学シンポジウム(パネルディスカッション)
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
石渡 美奈氏(ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長)
稲葉 俊郎氏(医師。東京大学医学部付属病院循環器内科助教)   

渋澤 健氏(モデレーター/コモンズ投信株式会社 取締役会長)

【第二部】ハッピーデー参加アーティスト等による活動紹介など

小澤 綾子氏(筋ジストロフィーシンガー)
ソウダルア氏(出張料理人/瀬戸内国際芸術祭2016 女木島レストランイアラ シェフ)  
アーヤ 藍氏(ユナイテッドピープル株式会社 取締役副社長)
南部 亜紀子氏(HAPPY DAY PROJECT実行委員会 代表)
ほか

※プログラムは諸事情により、一部変更する場合がございます。
※本イベントは、3/20(祝・月)慶應義塾大学三田キャンパス にて開催される【第1回shiawase2.0シンポジウム】、ならびに日比谷公園にて開催される【HAPPY DAY TOKYO 2017】との連携イベントです。
※また本イベントの参加費の一部を【HAPPY DAY TOKYO 2017】運営費の支援とさせていただきます。

【主催】HAPPY DAY PROJECT実行委員会
ホームページ:http://happyday-project.org/
Facebook:www.facebook.com/happydayproject

【イベントに関するお問い合わせ】
event@happyday-project.org

イベント運営ボランティアの募集について

 

HAPPY DAY PROJECT 実行委員会では、2017年3月20日(月・祝)に設営・運営を手伝っていただけるボランティアの方(Happyキャスト)を募集いたします。下記、募集要項をご確認いただき、ご興味のある方は、3月12日(日)19:00までに、こちらのフォームで必要事項をご記入の上、ご応募ください。イベント開催前に、ボランティア説明会を開催する予定です。説明会の詳細は、後日ご案内いたします。

 

登録フォーム(Googleドライブ)

 

一緒に「HAPPY DAY TOKYO 2017」を盛り上げませんか?
皆様のご応募、お待ちしています!

募集要項
日時 2017年3月20日(月・祝)8:00~18:00(予定)
場所 日比谷公園またはその近隣
内容 下記(1)~(5)を中心に、当日の設営・運営を手伝っていただきます。
(1)会場の設営・撤収
(2)会場内の受付対応
(3)ブース・ステージ等の運営
(4)当日の集客対応(指定場所でのビラ配布等)
(5)当日の公園近隣でのイベントのフォロー
備考 18歳以上の大学生以上の方が対象です。高校生以下はご遠慮ください。


HAPPY DAY TOKYO 2017 出展のご案内

HAPPY DAY TOKYO 2017
〜手をつなごう〜

国連が3月20日を「International Day of Happiness (国際幸福デー)」と制定したことを受け、私たちは日本でもこの日をハッピーデーと呼び、年に一度「幸せについて考え、感謝する日としたい」という思いから、2013年に第一回目のイベントを開催してから、次回で5回目を迎えることとなりました。毎回2万人以上の方に来ていただき、多数のメディアにも採りあげていただきました。

日本は経済的にも恵まれ、平和な環境で過ごすことができる、恵まれた国にもかかわらず、世界の中での幸福度は様々な統計の中でも決して高くありません。HAPPY DAY TOKYOでは、日本の幸福度向上を願い、一人ひとりが社会問題への関心を高め、自分の、誰かの、また世界の幸せについて考えたり、表現したり、共感を呼びかけたりして、行動をおこす人を増やすきっかけの場になればと考えています。

この5年間、様々な誰かの幸せや笑顔を願い活動している団体の方々にご出展いただきました。これまでも、「多くの人や団体の方とのつながりができて、活動が大きく広がった」と喜びの声をいただいています。また多くのボランティアスタッフ、ご来場者の方々とのつながりのおかげで、ここまで続けることができました。5周年となる次回のHAPPY DAYは、そんなつながりに感謝をしたいという想いを込めて『手をつなごう』というテーマで開催いたします。

忙しくストレスの多い日常の中で、つい身近な「つながり」や小さな幸せに気づかずに過ごすこともあるかと思います。3月20日のハッピーデーでは、みんなであらためて身近な人や社会とのつながりに感謝をし、ぜひ私たちと一緒に手と手をつなぎあって、みんなが笑顔あふれるイベントを創りませんか?

■開催日時
2017年3月20日(月・祝) 10:30〜16:30

■開催場所
日比谷公園(噴水広場・野外小音楽堂)
〒100‐0012 東京都千代田区日比谷公園1‐6

■主催
HAPPY DAY PROJECT実行委員会

■後援
(未定)

■入場料
無料

下記の出展募集要項をご確認のうえ、こちらの申し込みフォームよりお申込ください。

申し込みフォーム

申込締切日:2017年1月10日(火)

※期限を延長しました(2016/12/31)

 

2.会場使用計画(案)

下記日比谷公園地図の点線で囲われている部分(噴水広場・野外小音楽堂・第二花壇の一部)の使用を予定しております。

hibiya_park_map

3.出展募集要項

HAPPY DAY TOKYO 2017への参加は、誰かの幸せにつながる活動や社会問題を解決するために活動をしている団体の紹介や、被災地や途上国などの商品の販売や食の提供をとおして社会貢献につながる出展が前提となります。また幼児から高齢者まで、健常者、障がい者を問わず、誰もが楽しめるバリアフリーなイベントを目指します。活動目的や実績等を確認した上で参加の可否を決定いたします。出展形態は「ブース出展」「物販」「飲食提供」「イベント出展」の4パターンとなります。

■出展料金(消費税込み)

 

出展種類 出展形態 テント1/2張 テント1張
ブース出展 企業CSR出展* 50,000円〜
ブース出展 NPO等活動展示 12,000円 18,000円
物販 販売を伴う出展 18,000円 27,000円
飲食提供 キッチンカー 30,000円(キッチンカーは出展者が用意)
イベント出展 広場内イベント スペース利用は無料。実費はご負担ください

※協賛金額に応じて各種印刷物や公式サイトへの企業名掲載をいたします。
テント25張(30〜35店)、キッチンカー4台程度の出展を予定しています。

■テント基本仕様
テント1/2張:間口1.8m×奥行2.7m(1間×1.5間)
テント1張:間口3.6m×奥行2.7m(2間×1.5間)

■基本仕様に含まれる内容
・パイプテント1/2張または1張
・三方幕(仕切幕無し) 1枚
・テーブル1台
<1/2張用>W1.5×D0.45×H0.7m <1張用>W1.8×D0.5×H0.7m
・パイプ椅子2脚

※上記に含まれない追加の備品等は有料でレンタルいたします。下記備品等をご案内予定です(金額は前回のもの。多少変動可能性あり)。
・テーブル(W1.8×D0.75/W1.5×D0.45m) 2,500円/台
・パイプ椅子 500円/脚
・パネルスタンド(W0.9×H1.8m) 5,500円/台
・電源(100V/50Hz、コンセント1か所・2口) 9,000円

■キッチンカーの注意事項
食事の提供は出展者がキッチンカーをご用意くださいますようよろしくお願いいたします。保健所への申請は出展者からお願いいたします。

■その他イベント申込みについて
ダンス、ヨガなど様々なイベントを公園のオープンスペースで開催する予定です。人をハッピーにするイベントや企画がある方は、ホームページの「お問い合わせフォーム」にてご相談ください。

 

4.出展申し込み方法

■出展申込方法
こちらの申込フォームよりお申し込みください。事前にご相談がある場合はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

申し込みフォーム

 

■申込期限 ※期限を延長しました(2016/12/31)
2017年1月10日(火)

■出展者の決定方法
申し込み締切後、主催者が出展内容の審査を行った上、出展者を決定いたします。

■出展者説明会
2016年2月12日(日) 10:30〜12:00 日比谷図書文化館 会議室
場所 調整中(決定次第ご案内いたします)
出展が決定となった方はご参加いただきますようようお願いいたします(ご都合が悪い場合も代理の方にご依頼するなどご調整願います)。
追加備品等のお申込書はこちらでお渡しいたします。

■追加備品等、申込み締切
2017年2月21日(火)

■出展料金、追加備品費用支払期限
2017年2月28日(火)
振込手数料はご負担願います。

■テント位置発表
2月下旬頃を予定しています。

■搬入、搬出
搬入・設営:2017年3月20日(月・祝) 8:30〜10:30
撤去   :2017年3月20日(月・祝)16:30〜18:30

■団体名表記について
ウェブサイト、パンフレット掲載の団体名については、出展申込時にご記載いただいたものを使用させていただきます。

■その他
地震・火災等の天変地異あるいは不可抗力によりイベント開催が不可能となった場合、事務局の判断によって会期を変更、もしくは開催を中止することがあります。事務局は、これによって生ずる損害、費用の増加、その他出展者に生じた不利益な事態については責任を問わないものとします。

ご参加の御礼およびアンケート回答のお願い

IMGP0444_s晴天に恵まれ、多くの方にお越しいただいたHAPPY DAY TOKYO 2016、今年も無事に終えることができました。

ご協力いただいた方々、来場していただいた方々、至らぬところばかりだったかと思いますが、心より御礼申し上げます。

イベントに足をお運びいただいた方は、出展者、来場者を問わず、今後の運営の参考にさせていただきたいと思いますので、こちらのアンケートにご回答いただけますでしょうか(回答時間は2〜分で終わります)

アンケートフォーム(googleドライブ)

 
 

HAPPY DAY TOKYO 2016 開催概要

~伝えよう!ありがとう~つながろうHAPPY DAY~

日時 2016年3月20日(日) 10:00~16:00
場所 日比谷公園(噴水広場・野外小音楽堂等)
〒100‐0012 東京都千代田区日比谷公園1‐6
入場料 無料
主催 HAPPY DAY PROJECT 実行委員会
後援 千代田区
協賛 (株)ベネッセホールディングス、ホッピービバレッジ(株)、(株)Jacom
協力・参加団体 一般社団法人Hearth、大地の芸術祭実行委員会、一般社団法人ドリームマップ普及協会、(株)ライフエッジ、日本元気塾 他

イベント運営ボランティア(Happyキャスト)募集について

image1

HAPPY DAY PROJECT 実行委員会では、3月20日(日)に設営・運営を手伝ってくれるボランティアの方(Happyキャスト)を募集いたします。下記、募集要項をご確認いただき、ご興味のある方は、3月12日(土)19:00までに、こちらのフォームで必要事項をご記入の上、ご応募ください。ボランティア説明会は3/13(日)に開催予定です。説明会の詳細は、後日ご案内いたします。

 

登録フォーム(Googleドライブ)

 

一緒に「HAPPY DAY TOKYO 2016」を盛り上げませんか?
皆様のご応募、お待ちしています!

募集要項
日時 2016年3月20日(日)8:00~18:00(予定)
場所 日比谷公園またはその近隣
内容 下記(1)~(5)を中心に、当日の設営・運営を手伝っていただきます。
(1)会場の設営・撤収
(2)会場内の受付対応
(3)ブース・ステージ等の運営
(4)当日の集客対応(指定場所でのビラ配布等)
(5)当日の公園近隣でのイベントのフォロー
備考 18歳以上の大学生以上の方が対象です。高校生以下はご遠慮ください。


「幸福学シンポジウム2016」3月9日(水)開催決定

HAPPY DAY TOKYO 2016のプレイベントとして、「幸福学シンポジウム2016」を3月9日(水)に開催します。

「幸せとは何であるのか」。

さまざまな分野における第一人者によるトークとディスカッション、そしてハッピーデー出展者による活動紹介を通じて、あらためて「幸せ」というテーマについて考えます。

【日時】 2016年3月9日(水)
開場:18:30 開演:19:00 (21:00 終了予定)

【場所】 東京大学・福武ホールB2F
都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分
東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

【定員】 150名

【参加費】¥2,000円

【プログラム】

・幸福学シンポジウム(パネルディスカッション)
福原 賢一氏(株式会社ベネッセホールディングス 代表取締役副社長)
渋澤 健氏(コモンズ投信株式会社 取締役会長)
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)

・ハッピーデー出展関係者による活動紹介など(予定)
石渡 美奈氏(ホッピービバレッジ株式会社 取締役社長)
横畠 文美氏(一般社団法人Hearth代表理事)ほか

・ハッピーデー紹介
南部 亜紀子氏(HAPPY DAY PROJECT実行委員会 代表)

申し込みはこちらから

 

 

 

HAPPY DAY TOKYO 2016 出展のご案内

~伝えよう!ありがとう~つながろうHAPPY DAY~

1.HAPPY DAY TOKYO 2016 実施要項

■趣旨

国連が3月20日を「国際幸福デー」と制定したことを受け、私たちは日本でもこの日をハッピーデーと呼び、年に一度「幸せについて考え、感謝する日としたい」という思いから、2013年に第一回目のイベントを開催してから、次回で4回目を迎えることとなりました。

日本は経済的にも恵まれ、自由もあり、平和な環境で過ごすことができる、恵まれた国にもかかわらず、幸福度は様々な統計の中でも決して高くありません。

HAPPY DAY TOKYOでは、日本の幸福度向上を願い、一人ひとりが社会問題への関心を高め、自分の、誰かの、また世界の幸せについて考えたり、表現したり、共感を呼びかけたりして、行動をおこす人を増やすきっかけの場になればと考えています。

次回のテーマは「伝えよう!ありがとう~つながろうHAPPY DAY」

忙しくストレスの多い日常の中で、つい小さな幸せがあることに気づかずに過ごしていること多いかと思います。3月20日のハッピーデーでは、みんなであらためて身近な幸せに感謝をし「ありがとう」を伝えませんか? そしてたくさんの「ありがとう」がつながる一日にしましょう!

■開催日時
2016年3月20日(日) 10:00~16:00

■開催場所
日比谷公園(噴水広場・野外小音楽堂等)
〒100‐0012 東京都千代田区日比谷公園1‐6

■主催
HAPPY DAY PROJECT実行委員会

■後援
(未定)

■入場料
無料

■運営
HAPPY DAY PROJECT実行委員会

 

下記の出展募集要項をご確認のうえ、こちらの申し込みフォームよりお申込ください。

申込締切日:2016年1月23日(土) ※申込期限を延長しました(1/9)

 

2.会場使用計画(案)

下記日比谷公園地図の点線で囲われている部分(噴水広場・野外小音楽堂等)の使用を予定しております。

hibiya_park_map

3.出展募集要項

HAPPY DAY TOKYO 2016への参加は、誰かの幸せにつながる活動や社会問題を解決するために活動をしている団体の紹介や、被災地や途上国などの商品の販売や食の提供をとおして社会貢献につながる出展が前提となります。また幼児から高齢者まで、健常者、障がい者を問わず、誰もが楽しめるバリアフリーなイベントを目指します。

活動目的や実績等を確認した上で参加の可否を決定いたします。

出展形態は「ブース出展」「物販」「飲食提供」の3パターンとなります。

 

■出展料金(消費税込み)
出展種類 出展形態 テント1/2張 テント1張
ブース出展 企業CSR出展* 50,000円〜
ブース出展 NPO等活動展示 12,000円 18,000円
物販 販売を伴う出展 18,000円 27,000円
飲食提供 キッチンカー 20,000円(キッチンカーは出展者が用意)

※協賛金額に応じて各種印刷物や公式サイトへの企業名掲載をいたします
テント20張(25~30店)、キッチンカー5台程度の出展を予定しています。

■テント基本仕様
テント1/2張 :間口1.8m×奥行2.7m(1間×1.5間)
テント1張 :間口3.6m×奥行2.7m(2間×1.5間)

■基本仕様に含まれる内容
・パイプテント1/2張または1張
・三方幕(仕切幕無し) 1枚
・テーブル1台 W1.8×D0.5×H0.7m
・パイプ椅子2脚
※上記に含まれない追加の備品等のレンタルは、別途申込書を配布いたします。

下記備品等をご案内予定です(金額は未定)。
・テーブル(W1.8×D0.75/W1.5×D0.45m)
・パネルスタンド(W0.9×H1.8m)
・電源(100V/50Hz、コンセント1か所・2口)
・パイプ椅子

■キッチンカーの注意事項
食事の提供は出展者がキッチンカーをご用意くださいますようよろしくお願いいたします。
保健所への申請は出展者からお願いいたします。

■その他イベント申し込みについて
ダンス、ヨガなど様々なイベントを公園のオープンスペースで開催する予定です。人をハッピーにするイベントや企画がある方は、ホームページの「お問い合わせフォーム」にてご相談ください。

 

4.出展申し込み方法

こちらのフォームよりお申し込みください。

申込締切日:2016年1月23日(土) ※申込期限を延長しました(1/9)

事前にご相談がある場合はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

■申込期限
2016年1月23日(土) ※申込期限を延長しました(1/9)

■出展者の決定方法
申し込み締切後、主催者が出展内容の審査を行った上、出展者を決定いたします。

■出展者説明会
2016年2月11日(木・祝)予定
場所 RYOZAN PARK 巣鴨 13:30頃予定
出展が決定となった方はご参加いただきますようようお願いいたします(ご都合が悪い場合も代理の方にご依頼するなどご調整願います)。
追加備品等のお申込書はこちらでお渡しいたします。

■追加備品等、申込み締切
2016年2月19日(金)

■出展料金、追加備品費用支払期限
2016年2月26日(金)
振込手数料はご負担願います。

■テント位置発表
2月下旬頃を予定しています。

■搬入、搬出
搬入・設営:2016年3月20日(日)8:00~10:00
撤去:2016年3月20日(日)16:00~17:30

■団体名表記について
ウェブサイト、パンフレット掲載の団体名については、出展申込時にご記載いただいたものを使用させていただきます。

■その他
地震・火災等の天変地異あるいは不可抗力によりイベント開催が不可能となった場合、事務局の判断によって会期を変更、もしくは開催を中止することがあります。

事務局は、これによって生ずる損害、費用の増加、その他出展者に生じた不利益な事態については責任を問わないものとします。

 

HAPPY DAY TOKYO 2016 開催決定

HAPPY DAY TOKYO 2016 開催が決定いたしました。

テーマ「伝えよう!ありがとう〜つながろうHAPPY DAY」

日時:2016年3月20日(日)10:00-16:00

場所:日比谷公園

イベントの詳細や出展要項は近日中に当サイトにてご案内いたします。

 
 

8/8〜9『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』ツアー開催

3年に一度、新潟の越後妻有で開催される大規模なアートトリエンナーレ、大地の芸術祭。
http://www.echigo-tsumari.jp/

越後妻有の広大な大自然やその中にたたずむアートを鑑賞し、また地域の食や人とふれあいながら、“地位財”に囚われない『幸せ』を考えてみませんか?

 

このツアーには、HAPPY DAY TOKYOや幸福学シンポジウムで登壇いただいている、大地の芸術祭総合ディレクターの北川フラム氏、コモンズ投信 会長 澁澤健氏、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司氏が参加。夜にはこの御三方によるセミナーも開催いたします。

 

バスの座席数に限りがあるため、先着順で締め切らせていただきます。
ご興味のある方は、お申し込みをお早めに!

 

お申し込みフォームはこちらから。
※コモンズ投信「美と資本主義」を考える in 越後妻有”2015との共催となります

 

 

HAPPY DAY TOKYO 2015 アンケートのお願い

HAPPY DAY前は天気が悪かったり、HAPPY DAY後は寒さが戻ったりと、振返ると22日は最高のお天気でした。

また、みなさまのおかげで約25000人もの方に来ていただき、たくさんの子どもと大人の笑顔があふれるイベントとなりました。

心より感謝申し上げます。

今後のよりよいイベント運営のために、イベントにご参加いただいた方々にアンケートへの回答をお願いできますでしょうか。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、来場者などより多くのお声を吸い上げたいと思いますので、身近で参加された方にもアンケートをシェアいただけますと幸いです。

 

 
 

HAPPY DAY TOKYO 2015 ご参加の御礼

あらためまして、HAPPY DAY TOKYO 2015を一緒に盛り上げてくださったみなさま、そして来場してくださったみなさま、ありがとうございました!

今回は3回目の開催でしたが、毎年不思議なぐらいにお天気にも恵まれ、魅力的な出展者やアーチストの方々がとてもhappy場を作り出してくださったおかげで、足を運んでくださる方も年々増え、これまで以上に会場はとても盛り上がりました!

幸せは伝播する、といいますが、こうやってhappyな人が集まると、天候まで味方につけられるんじゃないかという思いですし、このパワーがもっと拡大すれば、戦争だって止められるんじゃないか…そんな誇大妄想まで抱いてしまいます(*^^*)

生きているともちろん辛いこともたくさんあります。そんな時でも時には立ち止まり、身近にある幸せをいっぱい見つけられるようなきっかけ作りをこれからもやっていけたらと思います。

HAPPY DAYはみんなで作り上げるイベントです。

これからもからもぜひ色々な形でみなさまにも関わっていただけると嬉しいです!

今後ともよろしくお願いいたします。

HAPPY DAY PROJECT実行委員会
代表 南部 亜紀子

11074583_401516566684656_6533028048667801278_o

HAPPY DAY TOKYO 2015 開催概要

日 時 2015年3月22日(日)10時~16時
場 所 日比谷公園 小音楽堂・噴水前広場 アクセス
入場料 無料
主 催 HAPPY DAY PROJECT 実行委員会
後 援 千代田区
協 賛 (株)ベネッセホールディングス
協力・参加団体 (株)ベネッセコーポレーション、NPO法人越後妻有里山協働機構、一般社団法人コペルニク・ジャパン、(株)ライフエッジ、Act for Happiness、日本元気塾 他

アクセス

日比谷公園噴水前広場(マーカーH)
地図クリックでGoogle Mapを表示

【日比谷公園へのアクセス】
地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」(M15・C08)
地下鉄日比谷線「日比谷」(H07)下車 徒歩2分
JR「有楽町」下車 徒歩8分
駐車場(地下公共駐車場、有料)

イベント運営ボランティア(Happyキャスト)募集について

1509127_258742137628767_1122753713_n

HAPPY DAY PROJECT 実行委員会では、3月22日(日)に設営・運営を手伝ってくれるボランティアの方(Happyキャスト)を募集いたします。下記、募集要項をご確認いただき、ご興味のある方は、3/15(日)までに、こちらのフォームで必要事項をご記入の上、ご応募ください。

3/15(日)に予定していたボランティア説明会は、ご都合のつかない方が多かったため中止とさせていただきました。ボランティア申し込みいただいた方には、個別にメールでご連絡させていただきます。
 

 

一緒に「HAPPY DAY TOKYO 2015」を盛り上げませんか?

皆様のご応募、お待ちしています!

募集要項
日時 2015年3月22日(日)8:00~17:00(予定)
場所 日比谷公園またはその近隣
内容 下記(1)~(5)を中心に、当日の設営・運営を手伝っていただきます。
(1)会場の設営・撤収
(2)会場内の受付対応
(3)ブース・ステージ等の運営
(4)当日の集客対応(指定場所でのビラ配布等)
(5)当日の公園近隣でのイベントのフォロー
備考 18歳以上の大学生以上の方が対象です。高校生以下はご遠慮ください。


3/5(木)幸福学シンポジウム2015開催

「幸福度」や「GNH(国民総幸福量)」といった言葉が、最近メディアにも出てきていますが、日本におけるGNHは先進国でも低い位置にあります。その一方で、東日本大震災以来、「お金よりも大切なもの」への意識も高まってきています。

2012年、国際連合が、3月20日を「International Day of Happiness(国際幸福デー)」と制定し、海外では生活の豊かさを示す「幸福度」の指標作りが活発に行われています。

日本では、昨年1月にNHK白熱教室・幸福学が放送され、また毎年3月に日比谷公園でハッピーデーが開催されるなど、幸せについての社会的な活動もはじまっています。

「幸せとは何であるのか」。

北川フラム氏、渋澤 健氏、前野 隆司氏など、さまざまな分野における第一人者によるトークとディスカッション、そしてハッピーデー出展者による活動紹介を通じて、あらためて「幸せ」というテーマについて考えます。

happy

【日時】 2015年3月5日(木) 開場:18:30 開演:19:00(予定)
【場所】 東京大学・福武ホール
【定員】 150名
【参加費】¥2,000円
【プログラム】
・ゲストによるトーク及びパネルディスカッション
北川 フラム氏(アートフロントギャラリー/大地の芸術祭総合プロデューサー)
渋澤 健氏(コモンズ投信株式会社 取締役会長)
前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
・ハッピーデー出展者による活動紹介
秋田 稲美氏(ドリームマップ代表理事)
上原 大祐氏(D-SHiPS32 代表)ほか
・ハッピーデー紹介
南部 亜紀子氏(HAPPY DAY PROJECT代表)
※本イベントは3/22(日)日比谷公園にて開催されるHAPPY DAY TOKYO 2015 のプレイベントとして行い、参加費の一部を運営費の支援とさせていただきます。

【主催】HAPPY DAY PROJECT実行委員会