達人から学ぶ幸せのヒント(日本編)

毎年いろいろな国を旅し、たくさんの方々との出会いを通じて、いろいろなものの見方、考え方、そしていろいろな幸せのあり方、幸せの感じ方があることを学ばせていただいています。特に痛感するのは、日本が本当に素晴らしい国であることです。2019年のコラムの最終回である今回取り上げるのは日本です。旅を通じて出会った幸せの達人から学ばせていただいた、幸せのヒントをお伝えしたいと思います。

続きを読む

ムーミンに学ぶ幸せのヒント(フィンランド編)

一人当たりの国内総生産(GDP)だけでなく、健康、社会的支援、信頼、自由、寛容さなどの要素を基準に国連が発表する「世界幸福度ランキング(ワールドハピネスレポート)」で2018年に1位となったのは、サンタクロースの故郷といわれているフィンランドでした。日本のランキングは54位とあまり高くありませんでした。

北欧に共通する幸せと、世界一の幸せのフィンランド

毎年、世界幸福度ランキングで上位を占めるのは北欧諸国です。北欧というとフィンランド、ノルウェー、デンマーク、スウェーデンの4か国のことをいうことが多いのですが、これにアイスランドを加えた5か国を北欧と呼ぶこともあります。

この、北欧の国々に共通するのは、税金と社会保障をあわせた国民負担率が、約70%と非常に高いこと、その一方で、教育費、医療費、出産費用が無料というところに特徴があります。また、あまり物質に執着しないシンプルな暮らしにも共通点がみられます。

僕自身、北欧に初めて訪れたに時に感じたことは、北欧での幸福は、毎日が楽しく、ワクワクするような幸せ(the happiest)というよりも、どちらかというと、将来への不安が少ないという意味での幸せ(the least unhappy)なのではないかということです。しかし、何度も北欧の国々を訪れ現地に住む友人たち話していると、それぞれの国ごとに、幸せの感じ方、そして、幸せへの取り組みが違うことがわかってきました。

今回は、北欧の国々の中でも、世界幸福度ランキング1位になったフィンランドにフォーカスしてみます。フィンランドでは、2017年1月~2018年12月までの2年間、実験的にベーシックインカムが実施されました。具体的には、無作為に選ばれた2000人の失業者に対して、働く、働かないに関係なく、国は、毎月560ユーロ(約7万円)を支給しました。現在までのところ、まだ、暫定的な結果しか発表されてませんが、少なくとも、ベーシックインカムを受け取った人の幸福度は向上したとのデータが出ているようです。

1991年にソ連が崩壊したことでフィンランドの貿易は途絶え、失業率が20%と5人に1人が失業する経済危機に陥りました。その時、政府がまず最初に考えたのは優秀な人材の育成です。そして、1994年から教育改革を行ない、教育の内容を見直すとともに、大学までの教育費の無償化を実施し、それが、現在の高い学力、高い幸福度にも結びついているようです。

続きを読む

第2回:古代文明に学ぶ幸せのヒント(エジプト編)

前回のモロッコに引き続き、アフリカ大陸から、今回は、エジプトで発見した幸せをご紹介します。エジプトは、中東とアフリカ大陸を結ぶ国で、国の中央を世界一の長さを誇る6,650キロのナイル川(アマゾン川は、6,516キロで世界で2番目)が流れます。

最も有名なのは、カイロにある約4,500年前に建造されたクフ王の大ピラミッドやスフィンクスかと思いますが、ルクソールのルクソール神殿、カルナック神殿、また、建築王ラメセス2世が約3,000年前に自己顕示欲から建造させたという、巨大岩窟神殿のアブシンベル大神殿など、どれもその一つ一つが巨大で迫力があり、古代から文明が栄えていた歴史と、アートなエジプトを感じます。

続きを読む

第1回:星の王子さまに学ぶ幸せのヒント(モロッコ編)

2012年に国連が制定した「International Day of Happiness(国際幸福デー)」を少しでも多くの方に伝えたいという想いから、2019年3月17日に幸福について考えるイベント「国際幸福芸術祭」が開催されます。この芸術祭は、様々なタイプのアートを体験することにより、誰もが自分らしく創造的な活動を行って幸せになれることを体感していただくことを目的とするフェスティバルです。

国連では毎年、「世界幸福度ランキング(ワールドハピネスレポート)」が発表されます。2018年の1位はフィンランド、そして、2位ノルウェー、3位デンマークと北欧諸国が続きます。では、日本は、というと54位でした。でも、本当に、世界幸福度ランキングの上位国は幸せなのか、そして、上位国は、どうして幸せなのか。世界50か国を旅して、いろいろと気づかされた幸せについて、お伝えしたいと思います。

(過去のコラムは、こちらをご参照ください)

続きを読む

最終回:日本人のDNAに刻まれている精神的な豊かさと幸せ(江戸編)

いままで7回にわたって、世界の様々な幸せをお伝えしてきましたが、最後に取り上げる国は日本です。ワールドハピネスレポート2017では51位とあまり上位ではないイメージがある日本ですが、約150年前の江戸時代の日本は、世界からも人類史上、最もユートピアに近かったと言われるほどの幸せの国でした。その中でも、世界からも注目された大都市江戸にフォーカスしてみたいと思います。

続きを読む

第7回:幸せの法則と幸せの方程式(東アジア編)

世界中を巡って現地の方々のお話を伺っていると、本当にいろいろな形の幸せがあることを実感します。そして、さらに探求してみたくなるのは、いろいろな形の幸せに法則や方程式のようなものがあるのかということです。ということで、今回は世界中をめぐって教えていただいた興味深い幸せの法則、そして、私自身が気づいた幸せの法則についてお伝えしたいと思います。まずは世界中の学者の方々が研究している幸せについて少し見てみたいと思います。

続きを読む

第6回:月曜日が楽しみになる幸せな会社(ブラジル&アメリカ編)

これまで「50か国をめぐって教えてもらった世界の幸せ」では、さまざまな国の幸せの考え方についてお伝えしてきました。今回は、視点を変えて、働くことにフォーカスして幸せを考えてみたいと思います。人生のおよそ30~50%は働く時間だといわれています。となると、働いている時間が幸せであれば、人生がもっと幸せになりそうですよね。

世界中を旅するときには、機会があれば幸せな会社をいろいろ訪問させていただいているのですが、その際に、別の幸せな会社があると教えていただくことがあります。ということで、今回は世界をめぐって教えていただいたり、また、実際に訪問させていただいた「幸せな会社」についてお伝えしたいと思います。
続きを読む

第5回:いやなことがあっても常に笑顔(ハンガリー/ギリシャ編)

「50か国をめぐって教えてもらった世界の幸せ」では、これまで幸せの上位国を中心に見てきましたが、今回は新たな視点で、ランキング上位ではないものの実際に訪問した2か国で気づかされた「幸せ」についてご紹介したいと思います。

続きを読む

第4回:つらいことがあっても気にしないタフなメンタル(イスラエル編)

今まで、ワールドハピネスレポートの上位にランキングされている北欧の国々を見てきましたが、北欧以外でも興味深い国がランキングされていることに気づきました。その中でも特に気になるのが中東のイスラエルです(2017年は11位にランキングされています)。イスラエルというと、パレスチナ問題や中東地域での紛争などがメディアで報道され、幸せとはちょっと縁遠いのでは、と思ってしまいます。とくに昨年末は、米国のトランプ大統領が首都をエルサレムと認定したこともあり、現地の混乱が毎日のように報道され話題になりました。イスラエルは本当に幸せなのか? 是非、イスラエルの幸せについて生の声を聴いてみたいと思い、昨年末イスラエルに向かいました。

続きを読む

第3回:恵まれていると思って楽観的に考える!(アイスランド編)

「50か国をめぐって教えてもらった世界の幸せ」では、ワールドハピネスレポート2017で第1位になったノルウェー、第2位になったデンマークの幸せについてお伝えしてきました。今回は、第3位となったアイスランドの幸せについてお伝えしたいと思います。驚くのは、アイスランドはリーマンショック後に経済破綻してしまったにもかかわらず、幸福度が高いというところ。これまでの北欧諸国とはまた異なる幸せがあるのではと思い、その秘密を探りたくて、アイスランドに訪問してきました。

続きを読む

第2回:幸せの秘訣は、執着せず日常を楽しむ工夫(デンマーク編)

「50か国をめぐって教えてもらった世界の幸せ」第2回は、北欧の福祉国家デンマーク編です。デンマークは2017年のワールドハピネスレポートでは2位でしたが、2013年、2014年、2016年と世界一幸せな国に選ばれています。数年前にデンマークを訪れ、現地でレストランを経営している知人や、世界で最も刺激的といわれるビジネススクール「カオスパイロット」に通いながら現地の幸せを取材されている日本人留学生の方など、いろいろな方々にデンマークの幸せについてディスカッションさせていただく機会をいただきました。

続きを読む

第1回:幸せの秘訣は「期待しすぎないこと」(ノルウェー編)

HAPPY DAY PROJECTでは、3/20の国際幸福デー(International Day of Happiness)を日本中に広め、幸福について考え、感謝する日として定着させていく活動のひとつとして、「50か国をめぐって教えてもらった世界の幸せ」を発信してまいります(毎週1回/全8回予定:執筆者 幸せ冒険家 小泉大輔)。日本だけでなく、世界との関わりの中で、幸せについて考えていただく一助となれば幸いです。

国連が発表する「世界幸福度ランキング(ワールドハピネスレポート)」で、2017年の1位はノルウェーでした。そして2位デンマーク、3位アイスランドと続きます。では、日本はというと、なんと53位でした。でも本当に世界幸福度ランキングの上位国は幸せなのか、そして上位国はどうして幸せなのか。この連載では、世界50か国を旅して気づかされた幸せについてお伝えしたいと思います。

続きを読む

サポーター・メッセージ 原田 泳幸(はらだ えいこう)さん

2014message33

原田 泳幸(はらだ えいこう)さん
日本マクドナルドホールディングス株式会社 代表取締役会長 兼 代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO)
日本マクドナルド株式会社代表取締役会長。
応援メッセージ
自ら学ぶ力が自己成長を促し、その成長が新たな価値を生み、それが社会に貢献したいという気持ちにつながるものです。そのためには健康管理も欠かせません。自分自身が健康であり、学びを通して成長していることを実感するとき、それが最も幸せな気持ちになる瞬間です。

サポーター・メッセージ 貝谷嘉洋さん

2014message32

貝谷嘉洋さん
NPO法人日本バリアフリー協会の代表理事。筋ジストロフィーのため24時間介助を必要とする。障がい者の音楽コンテスト「ゴールドコンサート」を主催。昨年は新しいフェスティバルを立ち上げるなど音楽イベントにより障がい者の権利拡大を図っている。
http://ameblo.jp/kaiyaika/
http://www.npojba.org/
応援メッセージ
この度、私どもがHAPPY DAY TOKYO 2014とコラボレーション企画を開催できますこと、とても楽しみにしています。

障がい者の問題は様々な側面があります。ただ、人々をハッピーにするものは旅行であったり、音楽であったり、食べることであったりします。障がい者でも同じことです。私の活動は、まさにこの人々をハッピーにするものを障がい者にも適用するものです。

これまで、移動の自由を得るために片手で運転できるジョイスティック車を紹介しました。また、ゴールドコンサートで演奏する機会をつくってきました。

私は、多くの障がい者、そしてその賛同者と手を携えて私たち障がい者がハッピーになろうとする際のバリアを壊していきます。

サポーター・メッセージ 福原賢一さん

2014message31

福原賢一さん
(株)ベネッセホールディングス代表取締役副社長兼CFO。
1951年岡山生まれ。76年野村證券(株)に入社。2000年取締役就任。野村リサーチ・アンド・アドバイザリー社長、野村ヒューマンキャピタル・ソリューション社長を歴任後、04年(株)ベネッセコーポレーションに入社。(株)ベネッセスタイルケア社長として、同社を日本最大規模の介護付有料老人ホーム企業へと育てあげる。
近年は、“地方の再生”を掲げ、直島をはじめとする瀬戸内海の島々を拠点として、ベネッセアートサイト直島(BASN)を展開。今年2010年に初開催となった瀬戸内国際芸術祭は、急速な高齢化や過疎化の進む地域で現代アートを通した人々の交流を生む一大プロジェクトとして、日本のみならず世界中から大きな注目を集めている。
応援メッセージ
大震災からちょうど3年が経過したこの時期に、今さらながら当たり前の暮らしの幸せについて考えさせられる。

健康を失った時に改めて感じる当たり前の暮らしの幸せもあることだろう。

でも、そうした不条理な出来事を乗り越えて前向きに生きる人々からもらう勇気や感動もまた、大きい。

今の幸せを精一杯大事にすること、何があっても前向きに生きる勇気を持つこと、それを大切にしたい。

サポーター・メッセージ 北川フラムさん

2014message30

北川フラムさん
アートディレクター
1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。東京芸術大学卒業。

主なプロデュースとして、現在のガウディブームの下地をつくった「アントニオ・ガウディ展」(1978­‐1979)、日本全国80校で開催された「子どものための版画展」(1980­‐1982)、全国194ヶ所38万人を動員し、アパルトヘイトに反対する動きを草の根的に展開した「アパルトヘイト否!国際美術展」(1988-­1990)等。

地域づくりの実践として、2000年にスタートした「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(第7回オーライ!ニッポン大賞グランプリ〔内閣総理大臣賞〕他受賞)、「水都大阪」(2009)、「にいがた水と土の芸術祭2009」「瀬戸内国際芸術祭2010、2013」(海洋立国推進功労者表彰受賞)等。

長年の文化活動により、2003年フランス共和国政府より芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。2006年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)、2007年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞受賞。2010年香川県文化功労賞受賞。 2012年オーストラリア名誉勲章・オフィサー受賞。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。

応援メッセージ
私たちは宇宙の奇跡のような地球に生きています。

爺ちゃま婆ちゃま、そして永い生命の時間と人類の祖先につながる死者たちと、それぞれ異なった個性をもった70億人の他者との交錯点にいることの不思議と感動のなかに生きていると感ずるときの喜び。

そういう体験を皆で味わいたい、と思うのです。

サポーター・メッセージ 伊井哲朗さん

2014message29

伊井哲朗さん
コモンズ投信株式会社 代表取締役社長&CIO
http://www.commons30.jp/
山一證券で営業企画部に約10年間在籍し、マーケティングなど担当。その後、機関投資家向け債券営業。メリルリンチ日本証券、三菱UFJメリルリンチPB証券で法人・個人向け営業を約10年。コモンズ投信創業と共に現職。2012年7月からCIO兼務。
応援メッセージ
コモンズ投信の伊井です。

いよいよ、HAPPY DAY TOKYO 2014も迫ってきました。
コモンズ投信は、世代を超えた発想を大切にしています。
Keywordも「今日よりも良い明日」。
生活者の皆さんに金融を通じて、良い明日をサポートしていきたいと考えています。

さて、「幸せ」を考えると、原点は「生きること」だと思います。
その生きることを考えると、一人では生きていけないことも分かります。
私は、利己(自らの利のこと)を極めると利他(他人、社会、次世代)になると考えています。

HAPPY DAYのイベントでは、究極の利己を考えて参加してみてはどうでしょうか。
きっと素敵な利他が見つかるはず。
そんな空気に包まれると思いますよ!

サポーター・メッセージ Saltie(ソルティ)さん

2014message28

Saltie(ソルティ)さん
ブルース、ロック、邦洋問わず古き良き音楽をリスペクとしながらも現代を生きる自身の言葉で歌うヴォーカリスト。
足繁くライブに通う大人の女性が多く、そのパフォーマンスは”ロック版JUJU”の呼び声も高い。
ストーリーを、言葉を届ける歌を”生で”うたえる数少ない歌い手である。

2006年『The Sign/ザ・サイン』でCDデビュー。
タイトル曲はテレビ東京『美の巨人たち』エンディングテーマとなる。
ウルフルズのトータス松本のイベントやアルバムに参加、コーラスワークでも高い評価をうけFNS歌謡祭ではTUBEをはじめ様々なアーティストのサポートをつとめた。2010年サマーソニック東京公演スティービー・ワンダーCHOIRメンバーとして共演を果たした。

2011年末公開の映画『ブルックリン橋をわたって』エンディングテーマ
“Shine”(作詞:Saltie/作曲:松本俊明)を発表、好評を博す。
2012年6年の時を経て『Spice of Life』をリリース。
クレイジーケンバンドの横山剣とのデュエット、MISIA「Everything」の作家松本俊明、
JUJU「奇跡を望むなら…」作家のE-3などの作家による書き下ろし、
ウルフルズのジョン.B.チョッパーなどが参加した豪華な作品となった。
収録曲「僕のクリスマス duet with 横山剣」はJ-WAVEなどFM局でパワープレイとなった。

現在は ”心を元気にする音楽” をモットーに
オリジナル曲はもとより、邦楽洋楽問わずさまざまなカバー曲などをからめ
キャリアある男前な女性だけのバンドを率いてライブを重ねている。

応援メッセージ
今回はじめて参加しますシンガーのーSaltie(ソルティ)です。

幸せに気づくこと。

足りないことより、出来ることを数えられたら

毎日がどれだけ素敵に変わるでしょう。

音楽がそれに気づいてもらうヒントになればうれしいです。

サポーター・メッセージ 中村舞子さん

2014message27

中村舞子さん
日本、スペイン&フィリピンのクォーター。フィリピン(マニラ)生まれ、3歳より日本で育つ。
誰もが一聴して惹き込まれる心地よい揺らぎを持つ声質は、幼い頃より洋楽に囲まれ培ったセンスと豊かな表現力で楽曲を独自のポップスへと昇華させる。また、観る人を揺さぶり魅了する圧倒的なライヴ・パフォーマンスはダウンロード世代の歌姫として定評がある。

2008年、初のレコーディングとなったLG Yankeesのアルバム「No DOUBT!!! -NO LIMIT-」収録の『Because…feat.中村舞子』が、アルバム収録曲でありながらクチコミだけで100万ダウンロードを突破、一躍注目を集める。その後も Noa『月のヒカリ feat.中村舞子』(2009年)、CLIFF EDGE「会いたくて、素直になれなくて feat.中村舞子」(2010年)等多くのスマッシュヒットを飛ばし、2011年1月、Venus-B / KING RECORDSより待望のメジャーデビューアルバム「The Answer」をリリース(オリコン最高位23位)。

2011年秋、KnifeEdge/PONY CANYONに移籍。翌年1月には移籍後初のフルアルバム 「HEART」を発売。アルバム収録の配信シングル『Never Let Me Go』『届きそうな距離で…。』『何度目の恋でも…calling 童子-T』は、全曲レコチョク着うたデイリートップ10にランクイン。2012年8月には、 “ひと夏の恋”を描いたセルフプロデュースのコンセプトアルバム「7→9」(セブンナイン)をリリース、リード曲の『まだ、そばにいたい』は、8月度レコチョク「クラブ・うた」配信で月間1位を記録。

そのポテンシャルと豊かな表現力は、フィーチャリングシンガーとしても知名度を確立、2013年3月には自身の集大成となるフィーチャリングベストアルバム「INVITED ~Maiko Nakamura featuring BEST」をリリース。2014年2月、初のカバーアルバム「春色COVERS」をリリース予定。
次世代を担うPOPシンガーは彼女だと言っても過言ではないだろう。
http://maikonakamura.com/

応援メッセージ
初めまして、シンガーの中村舞子です。

幸せとは、当たり前のように朝がくること。

当たり前のように心から笑えること。

当たり前のように愛する人と寄り添えること。

一見、当たり前に思えることって全ては奇跡で出来ていると私は思います。

TODAYは生きているだけで、HAPPY DAY!

16日は今ここでしか感じられない音を、私、中村舞子と一緒に楽しみましょう!

サポーター・メッセージ 竹沢徳剛さん

2014message26

竹沢徳剛さん(写真左下)
新しい時代を切り開く意欲のある人を応援するシェアハウス、シェアオフィス RYOZAN PARK 巣鴨 オーナー。

3.11がきっかけで「日本を元気にするような新しいコミュニティをつくりたい」という思いからはじまったRYOZAN PARK。現在入居者41名、テナント約20名。2012年の春のオープン以来、世界中から起業家、プログラマー、復興関係者、建築家、外交官、政治家、コンサルタント、アーティスト、ヨガインストラクター、教育家、NPO、社会起業家などが集まり、いくつもの創造的なプロジェクトやセミナーが生みだされています。

自分たちの希望や志をカタチにしていこうという仲間達を随時募集しています。
http://ryozanpark.jp/

応援メッセージ
この1年半、我々RYOZAN PARKのメンバーとして参加した直島ツアーの体験、「happy」上映会やイノベーションサミットの開催等を通じて、Happy Dayの皆さんと共に、多くの「幸せ」を享受させて頂いております。

皆さんのお陰で、私自身“一人一人が自分の小さな幸せを他者とシェアする”という能動的な姿勢を持つようになり、さらにその幸せが周りのコミュニティにも波のように広がっていることを実感しております。

今年のHappy Dayの更なる成功をお祈りし、共に幸せな社会を作っていきましょう。

サポーター・メッセージ 白戸太朗(シラトタロウ)さん

2014message25

白戸太朗(シラトタロウ)さん
スポーツナビゲーター&トライアスリート/ アスロニア代表
プロトライアスリートとして、日本人として最初にワールドカップを転戦、その後はアイアンマンへ転向、世界を舞台に息の長い活動を続ける。また、アドベンチャーレースへも積極的に参加、世界中を転戦していた。現在は選手活動と共に、レースコーディネイトやスポーツ中継キャスターをつとめるなど、スポーツを多角的に説くナビゲータとして活躍。2008年よりトライアスロン普及のためにATHLONIAを設立。代表を務める。
応援メッセージ
幸せってなんだろう。

いろんなところに行って、いろんな価値観を目にすると、自分が考えていた事は小さな世界でのことだった。

たくさん見よう。たくさん話そう。たくさん知ろう。

そんなところから、自分の幸せ、家族の幸せ、仲間の幸せが見えてくる。

幸せを感じられない人に、世界は幸せに出来ないから。

サポーター・メッセージ 駒崎弘樹さん

2014message24

駒崎弘樹さん
認定NPO法人フローレンス代表理事
応援メッセージ
僕たちフローレンスは「子育てと仕事そして自己実現のすべてに、誰もが挑戦できるしなやかで躍動的な社会」を創っていくため、「病児保育」や「待機児童」といった、子育てをとりまく社会問題の解決に取り組んでいます。

同時に、僕個人としては、史上初の超高齢社会に突入する日本から生まれる社会イノベーションを世界にシェアし、日本を世界で最も幸福度が高く、世界に最も貢献している国にしていきたい。

僕はこれからの10年をかけて、自らこの仮説を証明し、望むべき社会の実現に命を賭けていきたいと思います。