地域活性化と幸せについて考える

瀬戸内海の島々を舞台に開催された現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」。

バングラデシュでのもやし栽培を通じて、ソーシャルビジネスの普及と現地での雇用を創出。

国の事情はさまざまですが、地域が活性化することで、人々の生活が豊かになり、交流が生まれ、笑顔が生まれます。

社会貢献と事業活動の両立による「幸せな社会」の実現について語ります。

ベネッセホールディングス代表取締役副社長 福原賢一(モデレーター)
アートフロントギャラリー 北川フラム
グラミン雪国まいたけCO-CEO 佐竹右行

 3/15(土)11:00〜11:30